くるぶしの黒ずみ原因と黒ずみケア解消

くるぶしの黒ずみの原因と対策

何気なくくるぶしを見ると、いつの間にか黒ずみになっている事があります。
気付いたら、汚れだと思いお風呂で思わずこすってしまいます。
しかし、これは汚れではなく、その原因は、摩擦や乾燥、紫外線による日焼けだと言われています。
くるぶしは、靴を履いても骨の出ている部位なので、靴に当たり摩擦を受けやすい部位です。
そのため、肌が摩擦を受けて黒ずみになってしまうのです。
その黒ずむを肌が乾燥していると、悪化してしまいさらに黒ずんでしまいます。
また、紫外線にあたり過ぎると顔などにもシミなどが出来てしまいますが、くるぶしも同じで紫外線に当たり過ぎると黒ずみになってしまいます。
このような原因によりくるぶしは、黒ずんでしまいます。
そのため、出来るだけ摩擦を受けないように靴下やレッグウォーマーなどを履く事で、摩擦や紫外線からある程度は守る事が出来ます。
乾燥は、くるぶしだけではなく肌には大敵ですから、毎日保湿する事も大切です。
一度黒ずみになってしまうと、落ちるまでには時間が掛かってしまいます。
もし、自力で黒ずみが取れない場合には、皮膚科や美容クリニックなどを受診してみるのもいいかもしれません。
出来れば、黒ずむ前のお手入れが大切です。

自分で出来るケアでくるぶしの黒ずみをとる方法

くるぶしは黒ずみが出来やすいパーツです。
そのまま放置してしまうと、くるぶしが出るファッションをした際に気になるでしょう。
自分で出来る簡単なケア方法で、くるぶしの黒ずみを改善しましょう。
くるぶしの黒ずみをとる方法の基本となるのが保湿です。
乾燥している肌はターンオーバーの働きが低下し、黒ずみの原因となる古い角質やメラニン色素が溜まりやすくなります。
くるぶしは日頃からスキンケアする機会が少ない為、以外と乾燥しています。
お風呂上りに、しっかり保湿ケアを行う事で黒ずみを予防・改善する効果が期待できます。
顔用の基礎化粧品を使う方法や、ボディクリームだけを塗っても黒ずみ対策となります。
この時、美白化粧品でケアすれば、さらに黒ずみ解消に効果的です。
ただ、いくらケアしても黒ずみが出来やすい生活習慣を続ければ、また新たな黒ずみを作ってしまいます。
正座やあぐらといった、くるぶしを圧迫するような行為を行うと、刺激からメラニン色素が作られ黒ずみとなってしまうので注意しましょう。
この他に血行不良でも肌の新陳代謝が低下して、黒ずみが出来やすくなります。
くるぶしがある足先は特に冷えやすい為、血流を改善するケアも黒ずみ対策としておすすめです。

 

クリーム等使ってみたいという方はこちら⇒くるぶしの黒ずみケア